学校の森・子どもサミットとは

 学校の森・子どもサミットは、全国から集まった子どもたちによる「学校林」や国有林における「遊々の森」等の身近な森林を活用した学校での体験活動や教育活動の発表、森林(もり)づくりの夢の発表、身近な森林を活用した学校教育を広げていくための先生方の意見交換などを行い、これらの情報発信を通じて、学校における森林環境教育の活動の輪を全国に広げていくことを目的としています。

 ※学校の森・子どもサミットは、平成19年から開催されている「学校林・遊々の森 全国子どもサミット」の後継行事として開催されるものです。
⇒過去の開催についてはこちらの林野庁のサイトをご覧ください。

学校の森とは

 「学校の森」は、学校における森林環境教育のフィールド(活動の場)を総称する表現として、使用しています。「学校林」や国有林の一部を協定締結により利用できる「遊々の森」等の森林はもちろん、「校庭の植栽エリア」や「近隣の雑木林」「公園の樹木や草木」等、森林環境教育の場として活用する身近な緑すべてを含みます。