平成29年度 学校の森・子どもサミット夏大会

 「平成29年度 学校の森・子どもサミット夏大会」を7月25日(火)~7月27日(木)に愛知県豊田市と三重県大台町で開催いたします。
 現在、7月25日の豊田市内での発表会について、一般参加の募集を行っています。
⇒ 一般参加の申し込みについては、こちらのページをご覧ください。

【開催概要】
日 時: 平成29年7月25日 (火)12:30~16:30まで
場 所: 豊田市福祉センター ホール
プログラム
12:00 受付開始
12:30 開会
12:40 小学校児童による活動事例発表
全国から集まった小学生が、学校で行っている身近な自然や森林資源・教材等を活用した環境学習について発表します。
【発表校】
北海道幌加内町立朱鞠内小学校
岩手県岩泉町立門小学校
東京都八王子市立由木西小学校
神奈川県相模原市立広陵小学校
長野県大町市立大町南小学校
山梨県甲斐市立敷島北小学校
愛知県豊田市立上鷹見小学校
三重県名張市薦原小学校
三重県大台町立宮川小学校
岡山県真庭市立中和小学校
熊本県菊池市菊池北小学校
14:45 森林環境教育を考える分科会(大人の参加者向け)
分科会1
先生のための実践アクティブ・ラーニング
〜森が感性・探究する力・学び合う力を育てる〜

※こちらの分科会は、豊田市新任教員研修に位置づけられています。
※一般の方もご参加いただけます。
分科会2
子どもたちと地域がつながる森林体験活動交流会
〜子どもらのキヅキとマナビが森を変え始めた。じっちゃんたちの本気で地域が変わろうとしている。豊田市、恵那市、岡崎市から登壇者を迎え、キヅキと本気が連鎖して変わり始めた地域の当事者たちが森と子どもの多様な関わり方を報告します〜
※14:35から発表校の子ども達は、豊田市内の森林にて「森の健康診断」のプログラムを体験します。  
16:30 閉会
なお、サミット2日目・3日目、参加小学校児童は三重県の大台町に移動し、大台町の森林にて「森の健康診断」のプログラムや、大杉谷自然学校でのキャンプ・炊飯・川遊びなどを通じて、「森林の人との関わり」を学び、体験・交流活動を行います。視察・取材のご希望や詳細については、学校の森・子どもサミット実行委員会事務局までお問い合わせ下さい。
主  催: 学校の森・子どもサミット実行委員会
構  成: (公社)国土緑化推進機構、(公社)愛知県緑化推進委員会、(公社)三重県緑化推進協会、 (公財)オイスカ、(公財)ニッセイ緑の財団、(一財)日本森林林業振興会名古屋支部、(一社)全国森林レクリエーション協会、(認特)共存の森ネットワーク、愛知県、愛知県教育委員会、豊田市、豊田市教育委員会、三重県、三重県教育委員会、大台町、大台町教育委員会、(特非)大杉谷自然学校、森の健康診断出前隊、林野庁
協  力: 豊田市総合野外センター
後  援: 文部科学省、豊田市文化振興財団ほか(予定)